第10回
プチホテル シャンツェ:長野県北安曇郡

栂池の味を召し上がれ!:新井登志子

 私たちは長野県の白馬山麓にある栂池(つがいけ)高原で小さなホテルを経営しています。20年程前、子どもが産まれたのをきっかけに、らでぃっしゅぼーやに入会しました。当時、リサイクル運動市民の会が運営していて、会員数も品揃えもまだとても少ない頃でした。少しするとバランゴンバナナの取り扱いが始まりました。初めて口にするバランゴンバナナは、小ぶりで締まった果肉、爽やかな酸味と深いコク…。やわらかくて甘いバナナのイメージが一変しました。
 一緒に届くお便りで、台風や病害、虫やカビの影響や労働者の過酷な状況など生産現場の様子も知りました。公正な交易を通して人びとの生活や自立を支援しようとする試みに、味だけでなくバナナへの見方が大きく変わり、自然環境や食生活、社会問題など多くのことを考えるきっかけになりました。その後、エコシュリンプ、コーヒー、ゲランドの塩など、らでぃっしゅぼーやを通してATJの商品と出会いを重ね、家庭用だけでなくホテルの食事にも使うようになりました。現在、ATJから直接コーヒーとゲランドの塩を仕入れ、販売もしています。


 栂池高原は雄大なアルプスの景観と冬のスキー場で四季を通して楽しめる観光地ですが、付近の森には山菜、きのこ、山栗、山ぶどうなど自然の恵みがいっぱいです。米、小麦、蕎麦、果実などは生産者から直接仕入れ、鶏や豚を飼っている方たちもいるので卵や肉も地元のものが手に入ります。ホテルではそうした食材を活かし、蕎麦を打ったり、ジャムを煮たりしながら手作りの味でおもてなしをしています。自然のものから起こした自家製の酵母でパンを焼いていますが、信州の地粉とゲランドの塩だけでとても風味の豊かなパンが出来ます。オーガニックコーヒーと共に召し上がっていただく朝食は体に優しく、多くの方に喜ばれています。自然な味わいや、顔の見える関係を大切にしながら、つながりを広げていきたいと思っています。

★『プチホテル シャンツェ』さんのホームページはこちら!  http://www2u.biglobe.ne.jp/~schanze/  ※カフェやパン、ジャムの通信販売も行っています。

  ←Back
 
★バックナンバー